草津の日常。【33日目】(頼朝の湯けむりこんにゃく)

11月とは思えない寒さが続く今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

弊社は11月が決算でして、その前の暇な時期を狙ってブログのネタ探しに行こうと思いました。

とにかく寒いので、湯畑周りで温かい何かを求めに歩いてきました。

そこで見つけたのが、頼朝・西の河原店さんの『湯けむりこんにゃく』です。

頼朝・西の河原店は、湯畑⇔西の河原公園をつなぐ『西の河原通り(通称:泉水通り)』の、中心よりやや西の河原公園側にあります。

名物のまんじゅう配りをしている『長寿庵』さんの近くあって、清潔感のある綺麗なお店です。

右が概観です。
前にもブログにしましたが、その場で温泉たまごが食べられる意外に数少ないお店です。
今回はこんにゃくをいただきに来ました。

 

 

看板がこちらです。
一本100円ですね。こういうのを見ると、原価はいくらなんだろうと職業病で考えてしまいます(笑)。

私はこんにゃくの田楽が大好きで、死ぬほど食っても飽きないんですが、一つ200円だと自重してしまいますね。

 

 

 

せっかくなので、動画でどうぞ。

歯ごたえがあって、大変美味しかったです。
やっぱりこれだけだと満足できないですね…あと10本くらい食べたい。

それにしても、温かいものはあんまり売ってませんでしたね。
草津は年末年始とスキー場以外はオフシーズン気味なので、休日にしかやらないんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です