草津の日常。【9日目】(地蔵の湯)

今日は寒いですね。風も強いですし…
道の駅の温度計は、8℃を表示していました。

東京だと、真冬くらいの寒さでしょうか。
草津だと平気でこういうことがありますので、完璧な夏になるまで気が抜けませんね。

今朝、直営店『TIP』に、レインコートを買い求めるお客様がいらっしゃいました。
別に雨は降っていなかったので不思議に思っていたら、先輩のYさんから防寒のためお求めになったと言われました。

やっぱり草津は服屋がないんだなぁと思いました。
その辺りの事情は、こちらの過去記事をご覧ください。
草津温泉に遊びに来る人が知っておいた方がいいこと(天気編 Part1)

 

地蔵の湯は、草津に数ある公共浴場の一つです。
伝統の時間湯が体験できる場所です。
バスターミナルから湯畑に道を下り、ちちや饅頭さんのところで右に折れて300mほどで着きます。

途中、ニュー七星さんと十二屋旅館さんが見えてきます。
道が細いので、車には気をつけたいところです。そうでなくとも、草津は非常に道が狭いので、交通には十分注意する必要があります。

 

 

ここは、ちょっと前に地球屋という洋食屋さんがあったところです。
伊香保に本店があって、草津には支店が来ていたんですが、いつの間にか撤退してしまいました。

ビーフシチューが名物で、平日でもお客さんがたくさんいたんですが、閉店の理由はよく分かりません。
個人的に思い入れがあるところなので、閉店の話を聞いたときは大変ショックでした。

 

 

 

坂を下りきると、地蔵の湯と足湯が見えてきます。

 

 

 

 

 

 

地蔵の湯の全体はこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

足湯がこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

地蔵の湯は眼病にいいという言い伝えがあります。

さすが恋以外の病は治すと謳われた草津温泉。

でも、虫歯はさすがに無理だと思います。酸で歯が溶けます。

 

 

 

 

 

地蔵の湯の源泉がこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

地蔵の湯と言われるだけあって、そばにお地蔵さまと御堂があります。

かなり年季が入ってますが、いつからのものなんでしょうか…
ブログを書き始めると、自分が何も知らないことがわかりますね。

 

 

 

 

日曜日の湯畑の様子を見ながら、帰路につきました。

また明日から落ち着いた日常になりそうです。

そろそろ梅雨の季節ですので、お客さんも減ってくるんでしょうねぇ…

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です