【2019/4/13時点】草津白根山・志賀高原ルート開通について住民がわかっていること

4月19日(金)に、開通予定。ただし、天候が悪い場合、延期もありうる。
バイク、自転車、屋根のないオープンカーは通行できない。(万が一が起こった場合、噴石の影響が大きいため)
夜間(17時~翌朝8時)は通行止め
万座三差路~青葉山あたりまでは止まれない。通行のみでき、白根レストハウスも営業しない。(レストハウスはシェルター代わり)
●火山は目視による観測が大前提のため、天候が悪い(ガスってる)場合などは即通行止め
天狗山ゲート辺りでビラの配布等を実施。また、草津町全体で観光客に周知させる取り組みをする。
※これは草津町と火山学者・気象庁との会議で決定されたことで、これから群馬県に伺いを立てます。県が了承しないと、開通されません。

 昨日12日、火山会議に出席した社長から伝えられた情報は、以上のとおりです。

 これは現時点で、私たち草津住民に知らされた情報です。これから変更される可能性は大いにあります。
 なので、観光客の皆さんは草津の観光協会のホームページかスマホなどで逐一情報を集めていただきたく思います。これほど制限をかけて開通させるんですから、トラブルが起きるのは目に見えていますので。

 ……なんともまあ、めんどくさいことこの上ないというのが正直な感想です。
 しかし、なんとか開通させたい草津町と危ないから開通させたくない火山学者との折り合いをつけた結果が、この対策なんですね。いろいろと苦心した様子がうかがえます。

 一番、私が心を痛めたのは、バイクの方々です。
 白根のウソみたいにきれいな景色を眺めながらのツーリングは最高だと思いますし、皆さん、開通を心待ちにしていると思います。
 それに、直営店TIPの前は白根山に続く道路にあるので、バイクの方々が上客のうちの店は痛いんですよね。

 なんにせよ、無事に開通できそうなのは喜ばしいですが、お客さんの負担になっているので、素直に喜べないところです。
 重ね重ね申し上げますが、来草して草津白根山に行かれる方は、まず情報を集めるようお願いします

“【2019/4/13時点】草津白根山・志賀高原ルート開通について住民がわかっていること” への 2 件のフィードバック

  1. アバター 981 より:

    オープンカーは幌を閉めていたとしてもダメ、と言うことですよね。
    (万一の噴石に対する防御に不安、ということでしょうか)

    先日草津国際スキー場に行き、その時に立ち寄ったスキー場内のレストハウスが、(雪が解ける時期になると)このルートではドライブインのようになるようでしたので、行きたいと思っていたのですが、愛車で行けそうになく残念です。

    渋峠ホテルもいつか行きたいです!

  2. アバター admin より:

    コメントありがとうございました。ブログ担当の者です。
    残念ながらオープンカーを持っていないので^^;、詳しくはわからないのですが、幌というのはゴムなどの柔らかい素材ですよね? 頭上に不安のある車全般は通行禁止ということだと思います。
    開閉する天井が鉄製であるならば、通行可能なのかもしれません。
    そのあたりは滅多なことは言えないので、草津町役場か観光協会にお問い合わせいただくのが確実だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です